質問

Advanced Search

Alert ID : ALERT717

Last Modified : 06/04/2018

旧来仕様のサーバIDおよび公開鍵長1024bitのCSRの受付停止について

Description

2012年5月31日

お客様各位

拝啓 平素は弊社サービスに格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

2010年8月31日にご連絡いたしました「ベリサイン サーバIDおよびコードサイニング証明書製品における公開鍵長などの仕様変更」にてご案内のとおり、これまで有効期間が2013年12月31日を超えないことを条件に「旧来仕様のサーバID※1」および「公開鍵長1024bitのCSR」の受付を継続させていただいておりましたが、このたび2012年9月28日を以てこれらの受付を終了することを決定いたしましたので、ご連絡申し上げます。

  • ※1 「旧来仕様のサーバID」とは:ルート証明書および中間証明書に1024bit RSAを利用したグローバル・サーバIDおよびセキュア・サーバIDを指します。

今後、「旧来仕様のサーバID」および「公開鍵長1024bitのCSR」のご利用を予定されているお客様、また現在ご利用中で更新を予定されているお客様は、申請の際にご留意くださいますようお願い申し上げます。

日本ベリサインでは引続きサービス改善に努めて参りますので、今後ともご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

敬具

1. 受付終了の対象製品

グローバル・サーバID および セキュア・サーバID

  • EV SSL証明書は、既に「公開鍵長1024bitのCSR」での申請を受け付けておりません。

2. 受付終了予定日

2012年9月28日(金)

3. 受付終了の対処内容

3-1. 「旧来仕様のサーバID」の受付の終了

ストアフロントにおける対象製品のご申請時に、ご選択いただくサーバタイプより、以下の選択肢を削除いたします。

  • 「旧来仕様(1024bit) - Microsoft」
  • 「旧来仕様(1024bit) - Microsoft以外」

3-2. 公開鍵長1024bitのCSRの受付の終了

ストアフロントにおける対象製品のご申請時において、公開鍵長1024bitのCSRでの申請受付を終了いたします。受付終了(予定)日以前に上記 のいずれかのお申請をいただいた場合でも、申請情報の変更や誤申請による再申請をいただく場合、受付終了(予定)日を超えて再申請をいただけない場合もご ざいます。余裕をもったご申請をお願い申し上げます。

4. 受付終了にともなうお客様への影響

現在ご利用いただいているサーバID、および受付終了前にご申請・発行されたサーバIDは、証明書の有効期限を迎えるまで問題なくご利用いただけます。上記受付終了(予定)日より以降の申請時には、必ず公開鍵長2048bit以上のCSRでのご申請をお願い申し上げます。

5. 受付終了の背景

米国NISTでは、1024bit RSAの公開鍵暗号方式の利用を、一定の条件下において2013年末まで利用を認めるガイドラインを発表しています。こうした動向を踏まえ、ベリサインで は公開鍵長2048bitの階層構造およびCSRのご利用を推奨しておりますが、「旧来仕様のサーバID」および公開鍵長1024bitのCSRについて も、発行される証明書の有効期限が2013年12月31日を超えないことを条件に、受け付けておりました。今回、2012年10月1日以降に発行される サーバIDにおいて、証明書有効期限が2013年12月31日を超えるため、受付を停止することといたしました。

6. 本件に関するお問合せ先

日本ベリサイン株式会社 カスタマーサポート
Email : server-info@verisign.co.jp
電話 : 044-520-7210 (音声ガイダンス後、1番を選択してください)
(平日9時30分~17時30分)

以上

 

日本ベリサイン株式会社