質問

Advanced Search

Alert ID : ALERT773

Last Modified : 06/04/2018

ベリサインストアフロントEV SSL証明書の 仕様変更に関するお知らせ

Description

2010年1月28日

お客様各位

さて、2009年10月27日にお知らせいたしました証明書申請システム「ストアフロント」のEV SSL証明書の仕様に関しまして追加のご連絡事項がございますのでお知らせ申し上げます。

EV SSL証明書の利用を予定されているお客様はご留意くださいますようお願い申し上げます。引き続き弊社製品をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

敬具

対象製品

ベリサイン「ストアフロント」にて申請される「EV SSL証明書」

  • グローバル・サーバID EV(1年間、2年間有効)
  • セキュア・サーバID EV(1年間、2年間有効)
  • グローバル・サーバID、セキュア・サーバIDは従来と同じ仕様であり変更はございません。

内容

  • 新規申請時の証明書有効期間の設定が下記のとおり変更となります。

    【変更前】
    <有効期間の開始日> ベリサインが発行した日
    <有効期間> 申請した製品の有効期間(1年間または2年間)

    【変更後】
    <有効期間の開始日> 変更なし
    <有効期間> 申請した製品の有効期間(1年間または2年間)
    ただし、下記の条件を全て満たす場合は、製品の有効期間に(1年間または2年間)に、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月を追加。

    • 【条件】

      • ベリサインから発行された証明書を保有している かつ
      • 当該証明書と同じコモンネームで申請する かつ
      • 当該証明書の有効期間終了日が89日以内だった場合

      →製品の有効期間より長い有効期間の証明書が発行されます。

(※)今回のお知らせに関連する前回のご案内(2009年10月27日)内容は下記のとおりです。

  • 更新申請時の証明書有効期間終了日の概念について

    • <有効期間の開始>ベリサインが発行した日(89日前~有効期間終了日)
      <有効期間>更新申請時点の有効期間残存日数に応じて、有効期間
      (1年間または2年間)に、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月を追加。

       

      →更新前の有効期限日の1年または2年後の日付より有効期間が長くなります。

 

以上