質問

Advanced Search

Alert ID : ALERT777

Last Modified : 06/04/2018

EV SSL証明書における1024bit鍵長CSRの受付停止について

Description

2009年7月30日

お客様各位

日本ベリサインではEV SSL証明書において1024bit鍵長のCSR(署名リクエスト、Certificate Signing Request)の受付を停止いたしますのでお知らせいたします。

今後EV SSL証明書のご利用を予定されているお客様はご留意くださいますようお願い申し上げます。

引き続き弊社製品をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

敬具

適用日

2009年9月30日(水曜日)18:00以降

対象システムおよび製品

ストアフロントで販売されている1年間有効なEV SSL証明書

  • セキュア・サーバID EV
  • グローバル・サーバID EV
  • グローバル・サーバID EV for Mobile
  • 2年間有効なEV SSL証明書はすでに2048bit鍵長のCSRのみを受け付けております。

変更内容

2009年9月30日18:00をもちまして、EV SSL証明書における1024bit鍵長のCSR(署名リクエスト、Certificate Signing Request)の受付を停止します。

適用日以降にEV SSL証明書を申請いただく際には、必ずCSRの鍵長を【2048bit】にご指定ください。1024bit鍵長の公開鍵が含まれるCSRで申請を行うとエラーになります。

  • 注意事項
    適用日前に当該製品の申請を行い、1024bit鍵長のCSRをご提出いただいた場合でも、申請状況次第で、2048bitにて再申請をお願いする場合がございます。予めご了承ください。

仕様変更の背景

CA/ブラウザフォーラムにて、EV SSL証明書については2010年12月末までに1,024bit鍵長の加入者(End-Entity)証明書を失効させるよう決定がなされました。 CA/ブラウザフォーラムのこの決定に従い、2011年1月以降に有効な証明書はすべて2048bitとなるようにシステムを変更させていただくこととな りました。

よくあるご質問

 

CSRの作成について