質問

Advanced Search

Alert ID : ALERT813

Last Modified : 06/04/2018

サーバID署名アルゴリズム変更の日程変更について

Description

2004年3月26日掲載
2004年5月28日訂正
2004年6月 3日訂正

サーバIDで使用されている署名アルゴリズムについて以下の通り変更いたします。

グローバル・サーバID署名アルゴリズム変更延期のお知らせ

米国ベリサインによるサービス提供スケジュールの変更により、当初2004年6月2日とご案内して おりました、グローバル・サーバIDの署名アルゴリズムの変更を延期させていただきます。変更のスケジュールを確定でき次第、改めてご案内させていただき ます。誠に恐れ入りますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

サーバID署名アルゴリズム変更の日程変更のお知らせ

米国ベリサインでのシステムメンテナンススケジュールの関係により、当初、2004年6月1日よりとご案内させて頂いておりましたサーバID署名ア ルゴリズムの変更を、2004年6月2日よりと変更させて頂きます。誠に恐れ入りますが、何卒ご了承頂きます様よろしくお願い申し上げます。

対象

2004年6月2日以降に発行されるベリサイン・セキュア・サーバID

変更内容

弊社セキュア・サーバIDで使用される署名アルゴリズムが、MD5からSHA1に変更となります。SHA1は、アメリカ合衆国商務省国立標準技術研究所(NIST)によって選定されたアメリカ合衆国標準のアルゴリズムです。

変更の理由

SHA1はMD5に比べ、セキュリティレベルが高いというメリットがあり、デジタル証明書で使用されるアルゴリズムとしては標準となりつつあります。ベリサインでは随時SHA1への移行を進めています。

影響範囲

SHA1をサポートしていないプラットフォーム(ウェブブラウザ・ウェブサーバ)につきましてはご利用いただけなくなります。

ウェブブラウザについて

本変更に伴いInternet Explorer(Windows版)3.xでSSL接続ができなくなります。
そのため、セキュア・サーバID推奨ブラウザは、Internet Explorer (Windows版) 4.0以降となります。

推奨ブラウザ

セキュア・サーバID
Netscape Communicator 4.06 - 4.78
Internet Explorer (Windows版) 4.0以降

ウェブサーバについて

近年、業界標準として広くSHA1が採用されており、ほどんどのセキュリティ製品ではSHA1に対応しております。ただし、SHA1対応のサーバ IDをサポートしていないウェブサーバをご使用中のお客様はウェブサーバのバージョンアップ等の対応を頂く必要があります。現在お使いのウェブサーバの対 応状況につきましてはベンダ様にお問い合わせください。

発行済みの証明書につきましては影響がありません。なお、6月1日以降に更新されるお客様でバージョンアップ等の対策にお時間がかかることが想定される場合は、6月1日までに新規で証明書を取得していただけますようご検討のほどお願いいたします。

 

署名アルゴリズムに関するよくある質問はこちらをご参照ください。