質問

Advanced Search

Alert ID : ALERT907

Last Modified : 10/10/2018

シマンテックストアフロントにおけるコードサイニング証明書のSHA-2対応版発行サポートの開始およびSHA-1の提供終了に関するお知らせ

Description

 

2014年8月11日

 

 

お客様各位

 

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ

              

シマンテックストアフロントにおけるコードサイニング証明書のSHA-2対応版発行サポートの開始およびSHA-1提供終了に関するお知らせ


平素より弊社サービスに格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

シマンテックのコードサイニング証明書製品における、SHA-2(SHA-256)(以下SHA-2)への対応ロードマップに関してシマンテックストアフロントへの適用の日程についてご案内を申し上げます。

シマンテックでは、引続きサービス改善に努めて参りますので、今後ともご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

 



 

1. 適用予定時期

201411月(予定)

 

2. 対象製品

・コードサイニング証明書 for Microsoft Authenticode

・コードサイニング証明書 for ドキュメントサイニング

・コードサイニング証明書 for Microsoft Office and VBA

・コードサイニング証明書 for Adobe AIR

・コードサイニング証明書 for Java

 

上記の対象製品において、デジタル署名にハッシュアルゴリズムSHA-2利用したSHA-2対応版コードサイニング証明書の提供を開始いたします。

当仕様変更の適用以降は、ストアフロントでの新規/更新申請時に、SHA-1またはSHA-2のいずれかを選択いただくことが可能となります。

 

3. 内容

3.1. SHA-2対応版証明書製品の提供開始、およびシマンテックストアフロント以下、ストアフロント)での取扱いに関して 

3.2.  SHA-1版証明書の提供終了について

当仕様変更の適用以降、ストアフロントでは、有効期間終了日が2015 1231日を超えるSHA-1版証明書の新規/更新申請の受付を停止いたします。

上記の詳細は以下をご覧ください

http://www.symantec.com/content/ja/jp/enterprise/other_resources/codesigning_storefront_sha2.pdf

 

3.3. 注意点

 ・既に有効期間終了日が20151231日を超えるSHA-1版のコードサイニング製品をご利用のお客様は、当仕様変更の適用以降にSHA-2対応版コードサイニング証明書を再発行(無償)していただく必要がございます。SHA-2版コードサイニング証明書の再発行は、ストアフロントとは別の弊社サイト「User Portal」から行う必要があります。再発行の方法および「User Portal」については、当仕様適用以降、弊社ナレッジベース上に 順次公開いたします。

・ストアフロントからのコードサイニング証明書のご申請において、当仕様変更の適用以降Windows XP上での鍵生成ができなくなりますのでご注意ください。推奨環境であるWindows Vista SP2以降にてご申請いただくようお願い申し上げます。

  

4.ご参考

ハッシュアルゴリズムのSHA-1からSHA-2への移行に関して

http://www.symantec.com/ja/jp/page.jsp?id=ssl-sha2-transition

 

5.本件に関するお問合せ先

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ カスタマーサポート

Email authcode_info_jp@digicert.com

電話 : 03-5114-4135(音声ガイダンス後、2番を選択してください)

(平日930分~1730分)

 

 


以上