質問

Advanced Search

Alert ID : INFO2548

Last Modified : 11/29/2018

ストアフロントご利用方法 コードサイニング、セキュアメールID 申請手順書

Description


※PDFファイルをご希望の場合は、画面右上のPrintable VersionからPDF形式で出力してください。
 

  1. 見積書の取得
  2. 新規申請(アカウント未取得)
  3. 新規申請(アカウント取得済み)
  4. 更新申請
  5. 前回と異なる担当者での更新申請(第三者更新)
  6. ユーザID登録
  7. 各種手続きについて

 
 

1.見積書の取得

ストアフロントでは、オンラインで見積書(PDF形式)を取得できます。
 

















 
以下のフォームから項目を入力し、見積書サイトへアクセスします。
 
見積書の取得
  • 見積書企業名を入力しします。
     
  • 製品名を選択します。

    ※見積書サイトでは以下の製品の見積書が取得できます。

・SSLサーバ証明書
グローバル・サーバID EV
セキュア・サーバID EV
グローバル・サーバID エクスプレスプレミアム
グローバル・サーバID
セキュア・サーバID
 

・コードサイニング証明書
コードサイニング証明書 for Microsoft Authenticode
コードサイニング証明書 for Microsoft Java
コードサイニング証明書 for Microsoft ドキュメントサイニング
コードサイニング証明書 for Microsoft Office and VBA
コードサイニング証明書 for Adobe AIR
 

・セキュアメールID
 

  • 年数を選択します。

    製品により選択できる年数が異なります。
     
  • ライセンス数を入力します。

    製品により選択可否が異なります。ライセンス数を入力できない製品を複数ご購入の場合は、必要数の見積書をご取得ください。
     
  • オプションを選択します。


    ※2017年12月1日よりエクスプレスオプションは廃止となりました。
    グローバル・サーバID、セキュア・サーバIDのみエクスプレスオプションの選択が可能です。複数ライセンスをご購入される際もエクスプレスオプションは1つ分の料金が加算されます。複数のエクスプレスオプションでのお見積りの場合は、お問合せフォームよりご連絡ください。
     
  • キャンペーン番号(キャンペーンコード)を入力します。

    キャンペーン番号をお持ちの場合は入力の上、[次へ] ボタンをクリックすると次ページでキャンペーン価格が適用されます。
     
  • 確認画面が表示されますので、内容を確認の上、[お見積書を発行する] ボタンをクリックします。
     
  • 見積書は別ウィンドウにPDF形式で表示されます。ブラウザのポップアップブロック機能により表示できない場合は、ポップアップブロックの機能を解除してください。
     
  • 朱肉の社印が押印されているお見積書が必要な場合は以下のURLの案内に従ってEメールでご依頼ください。

    [見積書][請求書][納品書]社印の押印など、規定外フォーマットでの発行について

 

2.新規申請(アカウント未取得)

2-1 ストアフロントへのアクセス/決済方法選択

 

 

<銀行決済で申請>
支払方法が銀行振り込みとなります。振込先情報は申請完了時、または請求書へ表示されます。

<クーポンで申請>
クーポンをお持ちのお客様は [クーポンで申請] を選択の上、クーポン番号を入力し、[次へ] ボタンをクリックします。
次ページでご入力いただいたクーポンに該当する製品が表示されます。
 

2-2 製品選択

2-2-1 製品選択/年数選択/ライセンス数/証明アルゴリズム
  • 製品/年数/ライセンス数/署名アルゴリズムを選択します。

クーポン申請の場合は、クーポンに該当する製品および年数が自動で選択され表示されます。

銀行振込のセキュアメールIDに限りライセンス数を入力することができます。

2-2-2 ディスティングイッシュネーム
[コードサイニング証明書(for Java 以外)]


[セキュアメールID]
2-2-3 CSRの貼り付け
[コードサイニング証明書 for Java]


[セキュアメールID]


 
2-2-4 チャレンジフレーズ
  • チャレンジフレーズを入力します。

チャレンジフレーズは証明書を破棄する際に必要となります。

秘密鍵へ設定するパスワードとは異なります。

2-2-5 お客様用メモ欄
  • お客様用メモ欄

    お客様のストアフロント上の管理用のメモ欄です。当社への連絡に利用することや、ここへ入力した情報を当社で確認することはできませんので、あらかじめご了承ください。
2-2-6 秘密鍵の生成(コードサイニング証明書 for Java 以外のCSR生成タイプの場合)


  • ブラウザへ秘密鍵の生成します。

コードサイニング証明書 for Java/セキュアメールIDのCSR貼り付けタイプでは秘密鍵は生成されません。
 

  • Webアクセスの確認

必ず [はい] を選択して進めてください。
 

  • 新しいRSA署名キーを作成します。

[セキュリティレベルの設定] は「中」のままで進めます。

2012年8月10日以前のpvk、spcファイル形式での取得は終了しています。

2-3 お客様情報入力

2-3-1 企業・団体名検索



  • 企業・団体名の入力を行います。


2-3-2 申請団体情報入力





 
  • 申請団体情報を入力します。

申請団体名
入力した申請団体情報が表示されます。
 

申請団体名(英語)
ディスティングイッシュネームで指定したコモンネームが自動で表示されます。
 

公共団体フラグ
中央省庁および国の機関/地方公共団体及びその機関または大学・国公立の高等学校が申請団体となる場合は、公共団体フラグを 「有」 にしてください。
 

申請団体代表者
代表取締役社長など最高責任者の情報を入力します。
※申請団体代表者に対して、当社からご連絡を差し上げることはありません。

2-3-3 申請責任者情報入力


 
  • 申請責任者情報を入力します。

申請団体(ウェブサイト運営団体)に所属する正社員の方をご登録ください。申請責任者として登録された方には、当社での認証時にご本人への電話確認をさせていただきます。
 

電話認証では、以下の事項に間違いがないかを申請責任者へ確認します。当社から認証の連絡が入ることや申請情報について、申請責任者への事前説明をお願いします。

・申請製品名、申請区分(新規/更新)

・Common Name(コモンネーム)/Eメールアドレス(セキュアメールIDの場合)

・技術担当者の会社名/氏名/メールアドレス

・申請の意思(申請責任者が認識した上での申請であるか)
 

  • 電話認証は、当社の使用する第三者データベースに登録されている情報を元に実施します。連絡先電話番号をお客様からご指定いただくことはできません。
  • 入力項目は以下のとおり。

・申請団体名
申請団体情報で入力した団体名が自動で表示されます。

・申請団体名(英語)
ディスティングイッシュネームで指定したコモンネームが自動で表示されます。

・部署名
申請責任者が所属する部署名を正確に入力してください。

・申請責任者/ふりがな
申請責任者の氏名を入力してください。

・役職
申請責任者の役職名を正確に入力してください。役職がない場合は「なし」と入力してください。

・Eメールアドレス
申請責任者のEメールアドレスを入力します。フリーのEメールアドレスではご登録いただけません。

2-3-4 技担当者情報入力
  • 申請手続き担当者(技術担当者)としての情報を入力します。

認証完了後、技術担当者として登録されたEメールアドレス宛に、証明書の通知メールが送信されます。また、有効期限が近づいた際に更新案内メールが送信されます。
ここで登録する情報がストアフロントのアカウント情報となり、EメールアドレスがログインID、パスワードがログイン時のパスワードとなります。
 

「パスワード」「お知らせ希望」欄については未ログイン状態の場合に限り表示されます。アカウントをお持ちでログイン後に申請を行っている場合は、表示されません。
 

ログイン状態での申請時はアカウント情報が入力補助されています。申請毎に担当者情報を変更される場合は、上書きしてください。
(ただし、Eメールアドレスは変更できません)

2-4 入力情報確認

2-4-1 入力情報の確認
  • 入力情報の確認画面が表示されますので、入力した内容に問題がないかを確認します。
2-4-2 利用規約
  • 利用規約に同意します。

    利用規約を必ず及びいただき、同意いただける場合は [同意します] のチェックボックスへチェックを入れます。

製品購入にあたっては、規約に同意いただく必要があります。

本規約とあわせてカスタマーサービスサポート規約も必ずお読みください。

2-4-3 振込予定日 ※銀行決済のみ
  • 振込予定日を設定します。

    振込予定日は申請後に変更することも可能です。
2-4-4 請求担当者情報(請求書情報) ※銀行決済のみ
  • 請求担当者情報を入力します。

    ここで入力した情報が請求書お宛名情報(左上)へ表示されます。
    申請後に変更することはできませんので、ご注意ください。

[技術担当者] [申請責任者] ボタンをクリックすることにより登録情報を反映することができます。
直接編集することも可能です。

2-4-5 確認書の印刷

  • [確認書(印刷用)画面へ] ボタンをクリックすると、[登録申請情報 確認書] が表示されます。プリントアウトし、控えとしてご利用ください。

2-5 申請完了

 

  • [申請する] ボタンをクリックすると申請が完了します。

申請完了まで少々時間がかかることがありますが、ブラウザの戻るボタン等は使わず申請が完了するまでお待ちください。

<銀行決済の場合>
  • 請求書が必要な場合は、[請求書を発行する] をクリックしてください。
     
  • PDFの請求書が表示されます。
     
  • 技術担当者専用口座番号が表示されますので、表示された口座宛てに
    ご入金をお願いいたします。

技術担当者ごとに専用口座を割り当てるバーチャル口座を採用しています。

技術担当者専用口座ではなく、固定口座へ振込みを希望される場合は、必ず申請完了後に [振込み先を変更する] から変更手続きを行ってください。

各製品は、すべての認証と入金確認完了後に発行されます。お早めにご入金いただくことで発行までの期間を短縮することが可能です。
 


<クーポン申請の場合>

 

クーポンご利用の場合は、ストアフロントから請求書の発行を行っておりません。クーポンをご購入いただいた当社パートナー企業(販売代理店)または当社の担当営業へお問合せください。

【重要】
ストアフロントからの申請が完了すると、ユーザID宛に申請完了のお知らせメールが送信されます。申請の控えとして保存してください。
また、メール内には電話認証時の確認情報が記載されています。申請責任者へ転送するなどして、申請情報の事前連絡をお願いいたします。


(例) 件名:コードサイニング証明書申請受付完了(リクエスト番号:01234567891234)

※申請情報を確認後、提出が必要な書類がある場合は提出書類のご案内メールを送信します。
 
  • アンケートに答える

    アンケートに答えるボタンが表示されますので、是非ご協力ください。

 

3.新規申請(アカウント取得済み)

3-1 ログイン

パスワードを失念した場合は、パスワード入力欄下の [こちら] より仮パスワードを取得してログインします。


3-2 申請の開始

  • 左メニューの [新規 / 追加申請] をクリックし、「決済方法確認」画面へ進みます。
     


3-3 以降の申請手順について


以降のお手続きの流れは、「2-1 ストアフロントへのアクセス/決済方法選択」と同様です。

 

4.更新申請

4-1 ログイン

パスワードを失念した場合は、パスワード入力欄下の [こちら] より仮パスワードを取得してログインします。
 

4-2 更新対象IDの選択

  • ログインすると [ユーザページ] が表示されます。

    更新可能な製品は赤字で表示されます。
    更新対象の製品を選択し、内容に間違いないことを確認の上、詳細情報の [更新] ボタンをクリックします。
     

4-3 以降の申請手順について


以降のお手続きの流れは、「2-1 ストアフロントへのアクセス/決済方法選択」と同様です。
※更新申請に限り、申請時(入力情報確認)に「先行納入」が選択可能です。
 

 
  • 更新申請に限り、前払いの銀行振込ではなく、先行納入(後払いの銀行振込)が可能です。
    支払は申請日から60日以内に行っていただく必要があります。
     
  • 先行納入を行う場合はチェックボックスへチェックを入れます。
    尚、申請完了後にユーザページ詳細情報の [先行納入手配] ボタンから行うことも可能です。

5.前回と異なる担当者での更新申請(第三者更新)

5-1 ログイン

ログインIDを取得されていない場合は、「6. ユーザID登録」の手順で、まずはログインアカウントを取得してください。

パスワードを失念した場合は、パスワード入力欄下の [こちら] より仮パスワードを取得してログインします。
 

5-2 申請履歴検索



  • 左メニューの「第三者更新」もしくは画面上部の「申請履歴検索」メニューをクリックします。
     

5-3 検索

  • 下部「第三者更新」欄へ以下の情報を入力して検索します。
     
  • コードサイニング証明書

・コモンネーム
・リクエスト番号
 

  • セキュアメールID

・Eメールアドレス
・リクエスト番号
 

  • 完全一致での検索となります。更新が可能な製品が検索できます。

5-4 更新

  • 内容を確認の上、[更新] ボタンをクリックします。
     

5-5 以降の申請手順について


以降のお手続きの流れは、「2-1 ストアフロントへのアクセス/決済方法選択」と同様です。
※更新申請に限り、申請時(入力情報確認)に「先行納入」が選択可能です。
 

 
  • 更新申請に限り、前払いの銀行振込ではなく、先行納入(後払いの銀行振込)が可能です。
    支払は申請日から60日以内に行っていただく必要があります。
     
  • 先行納入を行う場合はチェックボックスへチェックを入れます。
    尚、申請完了後にユーザページ詳細情報の [先行納入手配] ボタンから行うことも可能です。
     

6.ユーザID登録



初めてストアフロントを利用する場合、以下へへアクセスします。
 
  • コードサイニング証明書/セキュアメールID用ストアフロントにログインするためのユーザIDは、サーバID用のユーザIDと共有です。すでにサーバID用のストアフロントのアカウントを登録されている場合は、あらためてユーザ登録をする必要はありません。
  • 初めてストアフロントを利用する場合、まずは申請手続き担当者(技術担当者)として、[ログイン画面] の [ユーザID新規作成] ボタンをクリックし、必要事項をご入力いただき、ユーザID登録を行ってください。
     

登録時に入力するEメールアドレス(フリーのEメールアドレスではご登録いただけません。)がログイン用のユーザIDとなります。

パスワードは8文字以上英数字混在のものをご指定ください。

登録Eメールアドレス(ユーザID)宛には、受付完了メール、証明書通知メール、更新案内メールなど、各種Eメールが送信されます。

登録Eメールアドレスは後から変更できません。Eメールアドレスを変更される場合は、新しいEメールアドレスで新規ユーザID登録を行ってください。
 

  • 必要な情報を入力の上、[次へ] をクリックし登録します。
  • ご登録いただいたユーザID(Eメールアドレス)宛てに登録完了のご案内が届きますので、ご確認ください。
 

7.各種手続きについて

7-1 メニュー

7-1-1 メニュー一覧
  • 新規 / 追加申請

    証明書の新規申請、追加申請を行うメニューです。
     
  • 申請履歴検索

    取得済み証明書の検索ができるメニューです。
    取得済み製品の申請履歴を以下の条件で検索できます。

・コモンネーム
・申請団体名
・申請ステータス
・製品名
・申請区分
・申請日
・有効期限
・リクエスト番号
・Eメールアドレス(セキュアメールIDのみ)
 

ストアフロント登録のユーザID情報の修正が可能です。 ユーザ情報を修正すると、次回の申請情報入力時より担当者情報の入力補助に反映されます。

メールアドレス及び取得済み証明書のユーザ情報は変更できません。これらの変更は各取得済み製品の [技術担当者変更] ボタンより行います。

 
7-1-2 証明書一覧ダウンロード
  • 申請した製品の一覧をcsv形式でダウンロードできます。