質問

Solution ID : SO22881

このWebサイトで提示されたセキュリティ証明書は、別のWebサイトのアドレス用に発行されたものです

Problem

ブラウザから サーバIDを導入したサイトにSSL接続すると、以下のメッセージが表示されます。

ブラウザ 警告メッセージ
Internet Explorer 6 セキュリティ証明書の名前はサイト名と一致しません
Internet Explorer 7以降 このWebサイトで提示されたセキュリティ証明書は、別のWebサイトのアドレス用に発行されたものです
Firefox ( 証明書のコモンネーム ) は不正なセキュリティ証明書を使用しています。この証明書は ( 証明書のコモンネーム ) にだけ有効なものです。
Chrome このサイトは目的のサイトでない可能性があります。

Solution

これらの警告は、SSL接続の際にブラウザで指定したURLと、接続先ウェブサイトに設定されているサーバIDのコモンネーム(FQDN)が一致しない場合に表示されます。
また、異なるサーバ向けに発行された証明書を流用されている場合、この警告メッセージが表示されます。

認証局事業者はドメイン名の所有状況を確認した上で証明書を発行します。異なるドメインで証明書が使用されてしまうと正しく証明できなくなるため、証明書にはその証明書をインストールするサーバのURL(コモンネーム)があらかじめ記述されています。ブラウザはSSL通信を始める前に、証明書のコモンネームと、アクセスしようとしているサーバのURLが一致していることを検証し、一致しない場合は警告を表示します。
例えば、IPアドレスなど、コモンネームと一致しないURLでアクセスした場合などもこの警告が表示されます。

IPアドレスではない正しいコモンネームでアクセスするか、正しいコモンネームでアクセスしているにも関わらず警告が表示される場合はサーバ管理者へ問合わせてください。

IE7のイメージ(サンプル)

Firefoxのイメージ(サンプル)

Chromeのイメージ(サンプル)