質問

Advanced Search

Solution ID : SO23085

Last Modified : 01/11/2019

更新の場合に必要な手続きについて

Problem

証明書の更新申請に必要となる手続きや注意点を教えてください。

Solution

更新の場合にも新規申請時と同様に一定の認証を実施したうえでコードサイニング証明書、セキュアメールIDを発行しています。
基本的な申請手続きは、新規申請/更新申請どちらの場合も共通で、以下のような手続きが必要です。

  • ストアフロントからの登録申請(オンライン申請)
  • 申請書類の送付(*必要な申請のみ)
  • 発行費用の振込み

ディスティングイッシュネームについて

更新対象の証明書と同一のコモンネーム(コードサイニング証明書)、Eメールアドレス(セキュアメールID)での申請となります。
「更新」ボタンからの申請では、変更できない項目は自動的に表示され変更できません。

コモンネーム(コードサイニング証明書)、Eメールアドレス(セキュアメールID)を変更する場合は、「新規/追加申請」メニューから新規申請してください。

更新申請受付け期間について

製品ごとに更新申請受付け期間が異なります。
更新申請受付け期間を迎えるとストアフロントに「更新」ボタンが表示されます。

  • コードサイニング証明書

    発行日から30日以上経過すると更新申請が可能になります。
    有効期限切れ89日以内は更新申請可能です。

  • セキュアメールID

    有効期限切れ89日前を経過すると更新申請が可能になります。
    有効期限切れ89日以内は更新申請可能です。

証明書発行までの日数について

証明書を申請してから、発行までの流れと日数については以下のFAQを参照してください。