質問

Advanced Search

Solution ID : SO23254

Last Modified : 02/06/2019

どのような場合に在籍証明書が必要になりますか

Solution

本解決策は、コードサイニング証明書、セキュアメールIDを対象としています。

証明書発行前の電話認証では、弊社担当者が申請団体の代表電話番号へ連絡をし、申請責任者への転送を依頼(または申請責任者の連絡先電話番号を確認)します。
電話転送、または申請責任者の連絡先電話番号の確認どちらもできない場合、申請責任者連絡先を記載した在籍証明書の提出をお願いします。

以下の要件を満たす在籍証明書を提出いただいた後、弊社担当者が代表電話番号を経由して在籍証明書の発行元部門(人事等)へご連絡をします。
提出された在籍証明書の有効性について確認をさせていただいた後、在籍証明書に記載された連絡先電話番号から申請責任者へ連絡し電話認証を実施します。

■ 申請責任者 在籍証明書 要件

  • 人事(または相当部署)発行の書類であること
  • 申請団体名が確認できる公印が押印されていること
  • 申請責任者の氏名・所属部署名の記載があり正社員としての在職を証明していること
  • 申請責任者の連絡先電話番号が掲載されていること
  • 書類発行日が記載されていること
  • 申請責任者への電話確認実施の時点で書類発行日から90日以内であること

  ※人事(または相当部署)が発行時に記載した内容を編集・加筆された場合、必ず訂正印を押印してください。
  ※訂正印には、在籍証明書に押印された公印と同一の印を使用してください。

  ※在籍証明書記載の連絡先経由での電話認証実施を希望される場合は、申請完了後以下の方法で連絡してください。
事前に連絡があった場合には、代表電話番号への連絡を開始せず、在籍証明書の到着をお待ちします。

 

送信先: auth_support_japan@digicert.com
件 名: 在籍証明書の提出について
本 文: ・リクエスト番号(またはOrganizational NameとOrganizational Unit)
・コモンネーム
・申請団体名
・申請責任者名
・依頼者所属団体名
・依頼者名

 ■ 注意事項

在籍証明書提出の場合も、申請責任者本人への申請の意思確認(電話確認)は必ず実施します。
電話確認については、以下のFAQを確認してください。
SO23255 - 電話認証の手順について