質問

Advanced Search

Solution ID : SO23308

Last Modified : 03/26/2019

CSRに指定する組織名(Organization) について

Problem

組織名(Organization)には、どのような情報を入力すればよいでしょうか。

Solution

EV SSL証明書の組織名(Organization)には、日本語、英語、ローマ字いずれかの入力方法を選択出来ますが、規定の方法で公式に確認できる表記を指定する必要があります。
以下のうちいずれか条件を満たす方法で入力してください。

A. 日本語表記(日本語の組織名)

日本語表記(マルチバイト)で指定する場合は、登記事項証明書記載の商号(公共団体の場合は職員録記載の団体名)を正確に入力します。
以下の注意事項を確認してください。

  • 必ず文字コード UTF-8 でCSRを生成すること
  • 旧漢字、特殊記号等が組織名に含まれていないこと
  • 全角40文字以内の組織名であること(ストアフロントから申請する場合)

B. 英語表記(英語の組織名)

1. ~ 5. いずれかの方法で 英語表記の組織名を指定できます。
公共団体の場合は、 CSR生成時の注意点について - EV SSL証明書(公共団体の場合)を参照してください。

  1. 有価証券報告書の「英訳名」
    原則1年以内に金融庁に提出した有価証券報告書(半期報告書でも可)をEDINET で閲覧できる場合、最新の有価証券報告書の表紙に記載されている「英訳名」を正確に入力します。 
    EDINET(Electronic Disclosure for Investors' NETwork)とは、金融庁が運営する開示書類閲覧システムです。
    有価証券報告書などの開示書類をインターネット上で閲覧できます。
     
  2. 定款の「英文商号」
    英文商号が記載された定款がある場合、最新の定款に記載されている「英文商号」を正確に入力します。
    また、確認書類として最新の定款(全文)原本に、以下の要件を満たす原本証明をつけ、印鑑証明書と合わせて提出してください。
    • 原本証明作成日(3ヶ月以内)が記載されていること
    • 定款原本に相違ない旨の証明文言が記載されていること
    • 組織名(登記上の正式な組織・会社名)が記載されていること
    • 代表者名(印鑑証明書記載の代表者名)が記載されていること
    • 印鑑証明書の登録印(代表者印)の押印があること
    • 押印した代表者印の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内の原本)を添付されていること
    定款の提出についての詳細は、以下のFAQを確認してください。
    SO23338 - 定款を提出する場合の注意点
     
  3. 登記事項証明書の「英文字商号」
    登記上の商号が英文字表記の場合は、商号に株式会社(K.K.)の略字を追加して入力します。
    例)
      ABC株式会社 → ABC K.K.
      株式会社XYZ → K.K. XYZ
     
  4. 第三者データベース登録の英語組織名(要件を満たす場合)
    弊社が認証に利用する第三者データベースに登録のある申請団体で、且つデータベースに登録された申請団体の情報およびその英語組織名が認証条件を満たす状態で登録されている場合、データベース登録の英語組織名をEV SSL証明書の組織名(Organization)に指定できます。この場合は、弊社にて登録の英語組織名に修正したうえでEV SSL証明書を発行することが可能です。
    第三者データベース登録の英語組織名を指定可能かどうかは、必ず申請完了後に認証サポート(auth_support_japan@digicert.com)までお問い合わせください。
     
  5. 意見書で表明する「英語組織名」
    1.~4. のどれにも該当しない場合、英語組織名の表記を表明する「意見書」を確認書類として提出してください。
    意見書で表明する英語組織名を正確に入力します。
    意見書についての詳細は、以下のFAQを確認してください。
    SO23325 - 意見書について

C. ローマ字表記の組織名(ローマ字綴りの日本語組織名)

日本語の組織名をローマ字つづりに変換した表記を指定する場合は、登記事項証明書記載の商号をヘボン式ローマ字表記へ変換して正確に入力します。