質問

Advanced Search

Solution ID : SO24330

Last Modified : 05/09/2018

セーフサイトの「失効」申請について

Problem

取得したセーフサイトの失効申請手続きについて教えてください。

Solution

「失効」とは、有効期間内に不要となったセーフサイトに対して行う処理です。
失効したセーフサイトは無効化され、シールを表示できなくなります。

■失効申請手順

以下の手順でストアフロントより、失効申請をしてください。

  • 失効申請後、セーフサイト失効のための認証を実施します。
  • 失効の認証には、申請責任者への電話確認が含まれます。
  • 失効したセーフサイトを有効な状態に戻すことはできません。失効申請をする対象に間違いが無いか、十分に確認のうえ申請申請してください。
  1. 申請時のユーザIDでストアフロントにログインします。
    ストアフロント ログイン画面

  2. ストアフロントTOP画面に表示されている申請履歴一覧から、失効申請する申請情報の行をクリックして選択します。
    ステータスに「発行済」と表示されていることを確認します。

  3. 選択した申請の詳細情報が、画面下のエリアに表示されます。リクエスト番号で対象を確認のうえ、「失効」ボタンをクリックします。


  4. 「失効」画面が表示されます。
    内容を再確認し、対象に間違いが無ければ「失効申請する」をクリックします。

 

■失効認証の実施

失効申請完了後、申請責任者宛に失効意思確認のための電話による認証を実施します。必ず関係者様への事前説明をお願いします。

  1. 初回発行前に実施した申請責任者の在籍確認から90日以上経過している場合、または提出された在籍証明書の発行日から90日以上経過している場合は、再度在籍確認 (人事総務部門への電話照会 または 在籍証明書)も実施します。
  2. 失効意思確認の認証完了後、セーフサイトの失効処理を実施します。
  3. 技術担当者宛に失効完了メールが送信されます。

■失効完了の確認

失効申請が承認され、証明書の失効処理が完了すると、ストアフロントの「発行ステータス」が「失効」に変わります。 以下の手順でステータスを確認してください。

  1. 失効申請をしたユーザIDでストアフロントにログインします。
  2. ストアフロントTOP画面で対象申請情報の行をクリックすると、画面下側に詳細情報が表示されます。
  3. 「発行ステータス」に「失効」と表示されていれば、失効処理は完了です。
  • 初回発行日から30日以内に失効が完了し、発行費用を入金済みの場合は、別途返金または再申請用クーポンのご案内メールを送信しま す。
  • クーポンで購入され、初回発行日から30日以内に失効が完了した場合は、別途クーポン再発行のご案内メールを送信します。