質問

Advanced Search

Solution ID : SOT0034

Last Modified : 05/25/2021

SafeNet eToken 5110CC の初期化手順

Problem

eToken は認証に複数のパスワードを使用します。管理者パスワードやPersonal Unlocking Key (PUK)の入力を5回間違えるとeTokenが永久的にロックされますのでご注意ください。

Solution

作業開始前に:

  • DigiCert が提供する 5110 CC eToken がお手元に届いていることが前提となります。
  • SafeNetドライバとクライアントソフトウェアのインストールをこちらから行ってください
  • eToken の管理者パスワードのコピーを入手する。これは、CertCentral の EV コードサイニング証明書申請ページで入手できます。
  • 安全なパスワードマネージャー等にてパスワード管理されることを推奨いたします

重要: このプロセスでは複数のパスワードを使用いたします。パスワードを誤って入力したり、パスワードを紛失したりすると、eTokenを永久に使用できなくなりますのでご注意ください。安全なパスワードマネージャー等を使用して、eToken の初期化に使用するパスワードを保存されることをお勧めします。

 

パスワードについて :

eToken 5110-CCは以下のパスワードを使用します。

  • 管理者パスワード:eTokenの管理に使用します。紛失した場合、eTokenから永久にロックされ、新しいトークンの購入が必要となります。このパスワードはデバイスのデフォルトで48個の "0"(000000000000000000000000000000000000000000000000)として出荷されます。
  • トークンのパスワード: eToken の証明書ストアにアクセスするために使用します。紛失した場合は、eToken をリセットして新しい証明書をインストールします。出荷されたトークンのパスワードは、CertCentral ポータルで提供され、トークンを受け取った後、変更する必要があります。トークンの再初期化され、キーストアが空である場合、デフォルトのパスワードは 1234567890 です。
  • パーソナルアンロッキングキー(PUK)はDigiCertでは使用いたしません。デフォルトの PUK は 000000 です。

注意 eToken は認証に複数のパスワードを使用します。管理者パスワードやPUKを5回間違って入力するとeTokenは永久にロックされますのでご注意ください。

 

 

ステップ :

1.SafeNet Authentication Clientを起動し、eTokenをコンピュータに差し込みます。クライアントがeTokenを認識していることを確認します。

 

2.右上の歯車のアイコン(設定ボタン)をクリックします。左側にeTokenのリストが表示されます。

 

3.eTokenの名前の上でマウス右クリックし、「Initialize Token」をクリックします。


 

4.Initialize Token - Initializing Options ウィンドウで、「Preserve the token settings and policies」を選択し、「Next」をクリックします。


 

5.Initialize Token - Administrator Logon ウィンドウに、現在の管理者パスワードを入力してください。

注意:管理者パスワードは、オーダーの注文ページで確認できます。変更されていたり、管理者パスワードがわからなくなっている場合は、サポートにお問い合わせください。

 

6.Use factory default digital signature PUKにチェックを入れ、「000000」を入力して「Next」をクリックします。

注:デフォルトのPUKは000000です。


 

7.Initialize Token - Password Settings ウィンドウで、新しいパスワードを作成します。

a. トークンパスワードの作成

新しいトークンのパスワードを入力して確認します。このパスワードは、トークンの証明書ストアにアクセスするために使用します。

注意:このパスワードを紛失した場合は、管理者パスワードを使用してトークンパスワードをリセットし、新しい証明書のインストールが必要です。

b. Token password must be changed on the first logonのチェックを外す。

c. 管理者パスワードを作成する。

新しい管理者パスワードを作成して確認します。このパスワードは、eToken を管理するために使用されます。

現在のパスワードをそのまま使うこともできますが、DigiCertでは新しいパスワードを作成することをお勧めします。

    注意:このパスワードを紛失した場合、eToken は使用できなくなります。新しいトークンの購入が必要となり、そこにEVコードサイニング証明書をインストールする必要があります。

d. 「Next 」をクリックします。

 

8.パスワードは、パスワードマネージャーなどの安全な場所に保存してください。

 

9.Initialize Token - IDPrime Common Criteria Settings ウィンドウで、トークンの新しいPINとPUKを作成します。

これらは通常使用されません。ただし、トークンと管理者のパスワードの代わりに使用することは可能です。

注意: 誤ったPUKを5回入力すると、トークンが使用できなくなり、新しいものを購入する必要があります。

a.「 Next」 をクリックします。

b. PINとPUKをパスワードマネージャーなどの安全な場所に保存してください。

 

10. eTokenが初期化されました。DigiCertハードウェア証明書インストーラーを使って、EVコードサイニング証明書をインストールすることができます。また、必要に応じて証明書をインポートすることもできます。

 

トラブルシューティング:

トークンが "SafeNet Token JC 0 "と表示される

パスワードが正しく入力されなかったため、トークンが永久に無効になっています。新しいeTokenが必要な場合は、サポートチームにお問い合わせください。

 

 

管理者パスワードを紛失した場合:

管理者パスワードはデバイスをリセットするために必要であり、回復することはできません。新しいeTokenを注文する必要がある場合は、サポートチームまでお問い合わせください。デフォルトのパスワードは 1234567890です。

 

トークンのパスワードを紛失した場合:

トークンのパスワードは、eToken証明書ストアへのアクセスする際に使用します。パスワードを紛失した場合、管理者パスワードをお持ちであれば、このガイドに従って、DigiCert証明書ハードウェアインストーラーを使って、eTokenをリセットすることができます。