質問

Advanced Search

Solution ID : SO23076

Last Modified : 11/16/2020

担当者(連絡先)情報について

Problem

申請時に登録した担当者(技術担当者・申請責任者)が別の担当者に変更になります。変更手続きについて教えてください。

Solution

■ 旧システム(ストアフロント)より移行された証明書の担当者情報について

CertCentralへのアップデートに伴い、証明書の担当者情報は旧システム(ストアフロント)から移行されていません。
・技術担当者情報には、CertCentralのメインAdministrator の情報が表示されています。
・申請責任者情報には、ダミー情報(または過去に申請経緯のある申請責任者様情報)が表示されています。
移行済みオーダーの担当者情報は修正できません。次回CertCentralより申請をされる際に、新しい担当者情報でご申請ください。

※ オーダーの一覧で「レガシーオーダー#」と表示されるオーダーは、旧システムからの移行オーダーです。

 

■ 担当者(連絡先)情報について

Q. 初期表示される担当者情報を変更するには
Q. 技術担当者を登録するには
Q. 新しい担当者を登録するには
Q.「認証済連絡先」には、どのような情報を入力する必要がありあすか?
Q. [発行前] 申請時に入力した担当者情報を修正するには?
Q. [発行後] 登録済みの担当者情報を修正する必要はありますか?

 

 

Q. 初期表示される担当者情報を変更するには
A.
SSL証明書の更新申請の画面で、初期表示された担当者情報を最新の情報に変更するには、以下の手順で操作をお願いします。

  1. 証明書申請画面の「連絡先」に表示されている 申請責任者 または 技術担当者のボックス右上にあるゴミ箱マークをクリックして削除してください。



  2. 削除完了後、「連絡先を追加」をクリックすると、新し担当者を入力する画面が表示されます。
  3. 連絡先タイプ「申請責任者」または「技術担当者」を選択し、既に登録済みの担当者をプルダウンから選択する場合は「既存の連絡先」を、新しい担当者情報を入力する場合は「新しい連絡先」を選んで必要な情報を登録してくだださい。



  4. 担当者情報の入れ替え完了後、その他の申請情報を入力し申請を完了させてください。

 

 

 

Q. 技術担当者を登録するには
A.
CertCentralでは、技術担当者情報の登録は必須ではありませんが、技術担当者情報を登録いただくと、登録いただいた申請情報などについて確認が必要となった場合、弊社認証担当者より技術担当者様に連絡をさえていただきます。
以下の手順で技術担当者情報を追加してください。

  1. 証明書申請画面の「連絡先」申請責任者(Organization Contact)の下にある、「Add Technical Contact (Option)」部分をクリックしてください。



  2. 担当者情報を入力する画面が表示されます。
    既に登録済みの担当者をプルダウンから選択する場合は「既存の連絡先」を、新しい担当者情報を入力する場合は「新しい連絡先」を選んで必要な情報を登録してくだださい。

 

 

 

Q. 新しい担当者を登録するには
A.

  1. 証明書申請画面の「連絡先」にある、「連絡先を追加」部分をクリックしてください。



  2. 連絡先タイプ「申請責任者」または「技術担当者」を選択し、既に登録済みの担当者をプルダウンから選択する場合は「既存の連絡先」を、新しい担当者情報を入力する場合は「新しい連絡先」を選んで必要な情報を登録してくだださい。
  3. 担当者情報の入れ替え完了後、その他の申請情報を入力し申請を完了させてください。


「新しい連絡先」を入力するためのラジオボタンが表示されていない場合
 CertCentralの「設定」→「+詳細設定」→「有効な連絡先」で、以下の項目が有効になっているかを確認してください。
 新しい連絡を追加するためには、この項目を有効に設定する必要があります。

 「DigiCert アカウントに未登録のユーザーを有効な認証連絡先として使用」

 

 

 

Q. 「認証済連絡先」には、どのような情報を入力する必要がありますか?
A.
CertCentralでは、EV証明書 およびコードサイニング証明書、EV コードサイニング証明書の申請・発行をその組織の承認者が承認する必要があります。

CertCentralから初めてEV証明書(またはコード差ニング証明書、EV コードサイニング証明書)を申請する組織の場合、申請責任者の方をVerified Contact(承認者)として登録ください。(※)申請責任者とは別の方で登録いただくことも可能ですが、弊社からの電話認証ではVerified Contact(承認者)の方の確認を行います。

組織認証および承認者としての認証が完了すると、申請されたEV証明書の発行を承認いただくためのEメールがVerified Contact(承認者)宛に送信されます。
Eメールを受信後、内容を確認のうえ承認操作を行っていただくと証明書が発行されます。

  1. 証明書申請画面で、証明書を申請する組織情報が正しく表示されていることを確認します。
  2. 「連絡先」のすぐ下にある「認証済み連絡先を追加」枠をクリックします。



  3. 「認証済み連絡先を追加」で承認証となる方を追加します。申請責任者と同じ方を追加することをお勧めします。
    既存の連絡先に表示されない方を追加する場合は、新しい連絡先を選択して担当者情報を入力のうえ新しく登録してください。
  4. 連絡先に、申請責任者と共通の「Verified Contact(承認者)」、「Technical Contact(技術担当者)」、「Organization Contact(申請責任者)」が登録されると、以下の様に表示されます。


 

 

 

Q. [発行前] 申請時に入力した担当者情報を修正するには?
A.

発行前の証明書の担当者情報を変更する場合、以下の手順でご連絡をお願いします。

  1. CertCentralの「証明書」メニュー ⇒ 「オーダー」の一覧から、担当者情報を変更するオーダー番号をクリックし、表示された詳細画面にあるメモ「+メモを追加する」をクリックします。
  2. 連絡用のメモ欄が表示されますので、以下のように修正する担当者の種類(申請責任者、技術担当者 等)と変更後の情報を入力し「メモを追加する」ボタンをクリックしてください。


     申請責任者の情報を以下のとおり修正依頼します
    ・役職名:
    ・氏名:
    ・Eメールアドレス:
    ・電話番号:

  3. 認証サポート( auth_support_japan@digicert.com )宛に、該当のオーダー番号を添えて担当者情報の変更を依頼するEメールを送信ください。

 

  • Eメールを受信後、入力いただいたメモの情報を確認し担当者情報変更のための認証を実施します。
  • 既に電話認証等が完了している場合、申請責任者様への電話認証が再度必要となります。ご了承ください。

 

 

Q. [発行後] 登録済みの担当者情報を修正する必要はありますか?
A.
証明書の発行後、申請時点での担当者情報を変更する必要はありません。
次回の証明書申請の際に、最新の担当者情報で申請をお願いします。