質問

Advanced Search

Solution ID : SO28002

Last Modified : 12/18/2020

[CCE] 組織(Organization)の認証申請について

Solution

企業認証証明書を発行するには、発行する証明書の種類(OV SSL, EV SSL, コードサイン, EVコードサインなど)の認証タイプで、証明書申請組織の認証が完了している必要があります。

CertCentralでは、証明書を発行する予定のある組織の認証をリクエストし、事前認証が完了した有効な状態にしておくことができます。
組織認証の有効期間は1年となり、組織認証が有効な状態を保つためには、1年に1度の再認証を実施する必要があります。

OV SSLおよびEV SSL証明書の場合は、組織の認証の他に証明書をインストールするサイトのドメイン名についても、認証が完了している必要があります。
ドメイン名の認証に関しては、以下のFAQを確認してください。
ドメイン名の認証申請について

 

■ 新しい組織の認証申請手順

新しい組織を追加し、認証申請をリクエストする手順は以下のとおりです。

  1. CertCentralにログイン後、左側のメニューより「証明書」→「組織」をクリックしてください。
  2. 「新しい組織」ボタンをクリックすると、組織情報を入力する画面が表示されます。
  3. 組織の詳細情報を英語で入力してください。正式名称および都道府県、市区町村の情報は、証明書に表示されます。
    ※日本語表記で証明書に表示させることをご希望の場合は、日本語で入力してください。

    組織の詳細
    • 正式名称: 証明書に表示させる正式な 組織名(Organization name) を入力してください
    • 一般名称: 入力不要です オプション項目
    • 組織の電話番号: 代表電話番号等を入力してください
    • 国: Japan
    • 住所1: 市区町村より下のレベルの所在地情報
    • 住所2: オプション項目
    • 市区町村名: 証明書に表示させる市区町村名を入力してください
    • State / Province / Region: 証明書に表示させる都道府県名を入力してください
    • Zip / Postal Code: 郵便番号

  4. 続いて、組織の申請責任者情報を入力してください。

    申請責任者
    • 名: 申請責任者の First name を入力してください
    • 氏: 申請責任者の Last name を入力してください
    • 役職名: 申請責任者の役職名を入力してください
    • メール: 申請責任者のEメールアドレスを入力してください
    • 電話番号: 申請責任者の電話番号を入力してください
    • 内線: オプション項目

  5. 入力完了後、「組織を保存」ボタンをクリックすると、組織の一覧画面に戻ります。

  6. 組織の一覧から、保存した新しい組織名をクリックして詳細画面を開きます。
    組織認証の申請の下に表示された証明書の種類から、発行予定のある証明書認証タイプのチェックBOXをONにし、「認証申請」ボタンをクリックします。

 

■ 連絡先の追加

「EV - Extended Organization Validation (EV)」、「CS - Code Signing Organization Validation」または「EV CS - Code Signing Organization Extended Validation (EV CS)」を申請する場合は、組織を代表して証明書の申請・発行を承認する方を連絡先として追加します。

組織詳細画面の下部で「連絡先を追加」の+マークをクリックし、連絡先のプルダウンから承認者として登録する方を選択して「追加」をクリックします。
※プルダウンに表示されていない方を承認者とする場合、事前にアカウントのユーザーとして登録をしてください。
この際Administrator の権限で登録されることを推奨します。
事前認証を申請する認証タイプのチェックBOXをONにし、「認証申請」ボタンをクリックします。

 

■ 登録済み組織を更新認証するための設定

継続して証明書を発行する組織については、1年に1度の再認証を実施する必要があります。
登録済み組織の再認証を実施するために、CertCentralの設定を以下のとおり指定ください。

  1. CertCentralにログイン後、左側のメニューより「設定」をクリックしてください。
  2. 管理グループの設定画面の一番下「+詳細設定」をクリックします。
  3. アクティブな認証の「アクティブな認証を維持」にチェックを入れ、画面一番下の「設定を保存」をクリックします。

この設定を有効にしておくことで、デジサート認証担当者が有効期限が近い組織の再認証を実施します。

 

デジサートによる組織認証
認証申請後、デジサートによる組織の認証が行われます。