質問

Advanced Search

Solution ID : SO28002

Last Modified : 11/24/2022

組織(Organization)の認証申請について

Solution

企業認証証明書をいつでも発行できる状態にするには、発行する証明書の種類(OV SSL, EV SSL, コードサイン, EVコードサインなど)ごとの認証タイプで、組織認証済みの状態にしておく必要があります。

CertCentralでは、証明書を発行する予定のある組織の認証申請により、事前認証 をリクエストすることができます。
また、常に有効な状態を保つには、組織認証の有効期限が切れる前に組織の再認証を依頼してください。

SSL証明書の場合は、組織の認証の他にドメイン名の認証も有効である必要があります。ドメイン名の認証に関しては、以下のFAQを確認してください。
ドメイン名の認証申請について

 

■ 新しい組織の認証申請(事前認証)を開始する場合

証明書を発行する新しい組織をCertCentralに追加し、認証申請をリクエストする手順は以下のとおりです。

  1. CertCentralにログイン後、左側のメニューより「証明書」→「組織」をクリックします。
  2. 「新しい組織」ボタンをクリックすると、組織情報を入力する画面が表示されます。
  3. 組織の詳細情報を英語で入力してください。正式名称および都道府県、市区町村の情報は、証明書に表示されます。
    ※日本語表記で証明書に表示させることをご希望の場合は、日本語で入力してください。

    組織の詳細
    • 正式名称: 証明書に表示させる正式な 組織名(Organization name) を入力してください
    • 通称 (任意): 入力不要です
    • 組織の電話番号: 代表電話番号等を入力してください
    • 国: Japan
    • 住所1: 市区町村より下のレベルの所在地情報
    • 住所2: オプション項目
    • 市区町村名: 証明書に表示させる市区町村名を入力してください
    • State: 証明書に表示させる都道府県名を入力してください
    • Zip: 郵便番号

  4. 続いて、組織の申請責任者情報を入力してください。

    申請責任者
    • 名: 申請責任者の First name を入力してください
    • 氏: 申請責任者の Last name を入力してください
    • 部署名および役職名 (任意): 申請責任者の部署名および役職名を入力してください
    • メール: 申請責任者のEメールアドレスを入力してください
    • 電話番号: 申請責任者の電話番号を入力してください
    • 内線 (任意): オプション項目

  5. 入力完了後、「組織を保存」ボタンをクリックすると、組織の一覧画面に戻ります。

  6. 組織の一覧から、保存した新しい組織名をクリックして詳細画面を開きます。
    組織認証の申請の下に表示された証明書の種類から、発行予定のある証明書認証タイプのチェックBOXをONにし、「認証申請」ボタンをクリックします。

  7. 組織の連絡先:
    認証タイプ「EV - Extended Organization Validation (EV)」、「CS - Code Signing Organization Validation」、「EV CS - Code Signing Organization Extended Validation (EV CS)」を申請する場合、
    組織を代表して証明書の申請・発行を承認する方を連絡先として追加します。
    「連絡先を追加」の+マークをクリックし、連絡先のプルダウンから承認者として登録する方を選択して「追加」をクリックします。
    ※プルダウンに表示されていない方を承認者とする場合、事前にアカウントのユーザーとして登録をしてください。Administrator の権限で登録されることを推奨します。

  8. 以下の内容のEメールにて、弊社宛に組織認証の依頼をしてください。

    送信先: auth_support_japan@digicert.com
    件名: 組織認証依頼(組織ID:XXXXXXX)
    本文: 以下組織の認証を依頼します。
        アカウント番号:
        組織ID:

 

■ 組織認証の有効期間について

認証が完了した組織(組織ID)は、CertCentralの「組織の詳細」画面にタイプごとの認証の有効期限が表示されます。
表示されている期限内に、認証済みタイプの製品を追加・再申請・更新する場合、組織の再認証は省略されます。
 
  • 組織の再認証完了を待たずに証明書を発行できる状態を保つためには、CertCentralに表示される組織の有効期限を確認のうえ、期限切れを迎える前に再認証を依頼し有効な状態を保つ必要があります。
  • 証明書の申請をした時点で、既に組織の認証期限が切れている場合は、再度の組織認証(SSLの場合はドメイン名も認証済みである必要があります)完了後に証明書発行のための処理が行われます。

 

■ 登録済み組織の再認証を依頼する場合

有効期限切れが近い、または既に期限切れの登録済み組織の再認証をリクエストする場合は、以下の内容のEメールにて弊社宛に組織認証の依頼をしてください。


送信先: auth_support_japan@digicert.com
件名: 組織再認証依頼(組織ID:XXXXXXX)
本文: 以下組織の再認証を依頼します。
    アカウント番号:
    組織ID:

 

デジサートによる組織認証

認証申請を受付け後、または組織の再認証の際にデジサートによる組織の認証が行われます。

 

「CertCentral エンタープライズ」アカウントのお客様向けお勧め設定等

「アクティブな認証を維持」設定の有効化

  1. CertCentralにログイン後、左側のメニューより「設定」をクリックします。
  2. 管理グループの設定画面の一番下「+詳細設定」をクリックします。
  3. アクティブな認証の「アクティブな認証を維持」にチェックを入れ、画面一番下の「設定を保存」をクリックします。

通知設定の有効化、カスタマイズ

  • 「設定」→「通知」→「高度な通知設定」→「組織の検証メール」で「□ 申請責任者」のチェックボックスがオンになっている場合、組織認証完了後、その組織の申請責任者に組織認証完了のお知らせEメールが送信されます。
  • 「設定」→「通知」→「アカウントと緊急連絡先」の「アカウント通知用の電子メールアドレス (任意) 」に特定のEメールアドレスを設定されている場合は設定Eメールアドレス宛にも同じEメールが送信されます。

期限切れ、不要な組織の無効化

不要な組織、期限切れの組織を組織の一覧に表示されないようにしたい場合は、非表示にしたい組織の詳細画面を開き「無効化」ボタンをクリックしてください。
無効化することで組織の一覧から表示が消えますが、一覧画面のステータスを「無効」に切替えると無効化済みの組織を確認できます。